相続問題と相続相談

相続というものは、非常に大きな問題となってしまうことがあるものです。それでいて、多くの人にとって無関係ではない、というのがこの相続という問題の大きなポイントとなっています。例えば自分の親族が誰か亡くなるということがあれば、高確率で相続が発生することになります。相続のトラブルといえば遺産争いのようなものを想像してしまう方が多いかと思いますが、想像する人が1人であったとしても、トラブルが発生してしまうことがあるのが相続の難しさです。それでは、相続において起こる問題にはどのようなものがあるのでしょうか。

相続の問題として、まずはやはり「遺産分配」のトラブルがあります。遺言書に遺産分配について記されていた場合については、基本的にその通りに分配するのが法律上のルールとなっています。しかし、場合によってはこの遺言書が正式な書式で書かれていなかったり、複数存在してしまっているという場合もあります。また、いくら遺言書において「誰々には遺産を相続させない」と書いてあったとしても、相続には法定相続分と言うものが存在しているため、この分については遺言書があったとしても相続の権利が発生することになります。

相続の問題として、もう1つ大きな問題となるのが「相続税」の問題です。これは相続者が1人である場合や、円滑に進む場合であっても発生する問題です。それでは、このように発生する問題は、誰に相続相談をすれば良いのでしょうか?