弁護士に相談

相続相談を行う事ができる相手として、次に紹介するのは弁護士についてです。弁護士は法律のプロフェッショナルであると同時に、裁判などが行われる際に弁護人となってくれるのが大きな特徴となっています。そのため、弁護士に対して相続相談を行うという場合は、相続人の間で遺産分割に関するトラブルが発生している場合が多いでしょう。全体に対して1人の弁護人を付ける場合もあれば、相続人がそれぞれ弁護士を付ける場合もあります。

また、弁護士が相続に関わることになるのは、実際にトラブルが発生してしまったあとだけではありません。相続を行う側が生前に弁護士に相続相談を行うことによって、自分の死後に発生する相続トラブルを回避することが可能になる場合があります。弁護士が相続に関してできることの一つとして、法律的に正しい遺言書の作成と遺言執行とがあります。

遺言書には正しい書式があり、これに則っていなければ法律的に有効なものであると認められません。そのため、遺言書を書く者はそれが正しいものであるかどうかを確認しながら作成する必要があります。その際に弁護士に相談をすることで、正しい遺言書の作成が可能になります。そして、自分がなくなったあとの遺言の執行についても依頼できます。